玉袋筋太郎会長を筆頭に現代社会で取り残されつつある古き良き“スナック文化”を世間一般に広く伝える。一般社団法人「全日本スナック連盟」

玉ちゃんの酔滸伝

2018/01/13

あなたも挑戦!スナック道、まずは「初段」から 50回来店で黒帯ゲットだ

東京・赤坂の「スナック玉ちゃん」は昨年の2月に、そして6月には大阪の北新地店がオープンしました。
一度来たお客さまにリピーターになってもらうべく、お店ではスタンプカードを発行して配っています。子供の頃、夏休みのラジオ体操でスタンプを集めをしたことでDNAに染み込んだであろう日本人の「スタンプ集め精神」を、お店に持ち込んだのです。
1枚に50個のスタンプを押すことができて、来店ごとに1個スタンプを押していきます。50個たまると「スナック初段」となり、世界に1本だけの達成者の名前入り黒帯ベルトがお店から進呈されます。現在、赤坂店では黒帯達成者が4人(うちひとりは女性)います。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2018/01/10

初夢よりも今年の“現実の夢”実現 熊本の素晴らしさをスナックから発信

新年あけましておめでとうございます。全日本スナック連盟会長の玉袋筋太郎です。
2018年を迎えました。キリの良い平成30年を迎え、私が思ったことは「昭和42(1967)年生まれの私は、昭和よりも平成で生きた時間の方が長いんだ」という当たり前なことなのですが、平成という時代に感謝するとともに、時の流れを感じるお正月なのです。今年はどういう1年になるのでしょうか?
私にとっては、普段の混雑から解放されるガラ~ンとした東京で過ごすことこそ正月のぜいたく。「ハワイのコンドミニアムでこの原稿を書いています」という、芸能人にありがちな正月を迎えているはずはありません。「スナック玉ちゃん」がある東京・赤坂もガラ~ンとしているので、お店もお休み。寝正月を決め込みます。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2017/12/22

大女優・山本陽子さんをスナックのママに仕立て営業 忘年会シーズン突入だ

忘年会シーズン突入ですね。幹事さん、そして受け入れるお店のみなさんもご苦労さまです。
1年の労をねぎらい無礼講で楽しむ宴。たとえ無礼講であっても会話中にLINEをチェックしたりしないのは大人の常識であることは間違いないことです。いいですか?カラオケのリモコンはヤキを入れるための物でなく、歌を入れるための物なのです。
私のお店、東京・赤坂の「スナック玉ちゃん」もおかげさまで忘年会の予約をたくさん入れてもらい繁忙期を迎えてます。これも先月の酉(とり)の市で奮発して買った熊手の御利益だと思い、感謝するとともに働いてくれているスタッフにも感謝の日々です。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら