玉ちゃんの酔滸伝

2018/11/28

いいことも悪いこともかっこんできてくれるのが熊手なのです

今月13日、二の酉(とり)が行われている東京・新宿の花園神社に行きました。酉の市は私の家族の中でお正月以上のめでたい行事なのです。

それまで家に飾ってあった熊手を神社に収め、新しい熊手を手に入れる。1年に一度のこの家族行事は、安っぽい言い方ですが、家族の絆や、自分がしっかりできているかの確認行事なのです。

酉の市で売られている熊手は商売繁盛、家内安全、健康などなど、私のように弱い人間が抱える数え切れないほどの降りかかる艱難(かんなん)辛苦の不安を吹き飛ばしてくれます。誠に自分勝手なのですが、人生の「ありがたみ」を「かっこんで」くれる縁起物なのです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2018/11/21

温泉宿とスナック繋いだ若旦那の気概

先日、大阪で新しくオープンするホテルのプレオープンイベントにお呼ばれして、トークショーをしてきました。

東京での仕事を終えてからの大阪入りだったのでトークショーは22時半からという遅いスタートでした。ホテルのスタッフと関係者の皆様は私が到着する前から鏡開きもとっくに済ませて、ほろ酔い気分です

私もスタッフから、「少し下地(お酒)が入った状態でも大丈夫です」と言われていましたので、行きの新幹線でビールとハイボールを入れて会場とのバランスを調整。到着後にしらふの状況から「まずは、駆けつけ三杯」という形にならず、すんなりとほろ酔い同士が溶け込んだトークショーが始まりました。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2018/11/14

雨の中でも大盛り上がり!「ラジフェス2018」開催

先週に告知したTBSラジオのビッグイベント「ラジフェス2018」が3、4日に東京・赤坂で盛大に開催されました。

2日間での動員は延べ16万人(主催者発表)。昨年の9万5000人を大きく上回る驚異的な数字でした。お世辞にも広大な土地とはいえない場所でこれだけの人数を動員したのは、ひとえにTBSラジオが発する力と、受け取る受信者(リスナー)との絆だと感じたのであります。

4日は、われわれ一般社団法人全日本スナック連盟(全スナ連)が仕切るステージが3回ありました。最初のステージは時代劇研究家の春日太一先生と外山惠理アナウンサーとのトークショー。春日先生の役者さんにインタビューする際のアプローチの作法や「どの女優さんがスナックのママにふさわしいか」を選ぶトークは、最高に盛り上がりました。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら