玉ちゃんの酔滸伝

2018/05/16

「5月病」どこ吹く風、スナック玉ちゃん祝日営業 ついに3店舗目もオープン!

ゴールデンウイーク(GW)、スナックはカレンダー通りの営業であれば休みの日が多くなってしまい、レッド(赤字)ウイークになりかねないので、今年も祝日営業に励みました。

2日と5日は平塚競輪場で「第72回日本選手権競輪」が開催されているのに乗っかり、昼からお客さんとお酒を飲みながらワイワイ騒いでG1レースを堪能。3日は新宿ロフトプラスワンで、プロインタビュアーの吉田豪さんと、先日にTBSを退社してフリーになった安東弘樹さんとのトークショーが行われました。

非常に“部室感”のあるトークイベントに集まったお客さまに、終わってから赤坂で飲もうとお誘いを掛けて2次会を開催。吉田さんと私と安東さんは4月までTBSラジオ「たまむすび」で共演していましたから、会場は番組リスナーがたくさん集まってくれました。リスナー同士のオフ会の様相となり、大変ホットな2次会で終了しました。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2018/05/02

レジェンドに酔いしれた夜…毒蝮三太夫師匠と楽しいプロレス観戦

プロレスの聖地、後楽園ホール(東京都文京区)に来ています。目の前のリングでは主催者である藤波辰爾さんが集めた長州力さん、藤原喜明さん、越中詩郎さん、ヒロ斎藤さん、ザ・コブラさん、ボブ・バックランドさんと、昭和の時代に私をワクワクさせてくれた往年のプロレスラーたちが味のあるプロレスを展開しています。

このレジェンドたちの宴を私の隣の席で「なぁ玉、こいつらも年くったなぁ…」とつぶやいた人がいました。私が出演させてもらっているTBSラジオ番組「たまむすび」金曜日の目玉コーナーを担当してくださっている毒蝮三太夫師匠です。この日、師匠からありがたいお誘いを受け、2人でプロレス観戦となったのです。そう、この日集まった誰よりも私にとってのレジェンドが毒蝮師匠なのです。

「しかし、サンマルチノも死んじまったしなぁ」と毒蝮師匠。この日のニュースで人間発電所、ブルーノ・サンマルチノさんの訃報も交えるあたり、師匠は昭和の時代から現代までの大のプロレスファンです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2018/04/25

明日の行方さえ知れぬ身も…事務所の騒動忘れさせてくれる「大人の祭り」空間

ザワつく春の嵐の真っただ中にいます。「カスリーン台風」クラスの嵐が襲っているのです。川は氾濫し、大水を出して甚大な被害を出しています。人々はこの濁流に飲み込まれます。この濁流の中で「オレは一体どこにたどり着くんだ?」と流されっぱなしの状態で、明日の行方も知れぬ身なのです。

「玉ちゃん大丈夫?」「玉ちゃんたちも大変だねぇ」と、ママも常連さんも今回の騒動の動向に注目しており、師匠のこと、たけし軍団の兄さんたちのこと、そして私のことを心配して声をかけてくれます。

あたたかく、ありがたい声に感謝して「頑張って粛々と仕事します」と応えるしかない私です。この大荒れの気象状況がいつかスカッと晴れわたり、お天道さまに感謝できる日が来ることを待つしかありません。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら