玉ちゃんの酔滸伝

2017/09/22

「バブルと寝た女」と「お客と寝た女」…人生はチンケなテレビドラマなどを超えています

東京・新宿のスナックを2軒訪ねた際、なんとも濃密な人生を過ごしてきた2人のママとお会いしました。
 一人は新宿3丁目にある「スナックみずき」の美月ママです。横浜出身のママは学生時代に男友達からの誘いで新宿のクラブでバニーガールとして働くことなり、お客さまからのチップの額を見て、「こんな仕事しているだけでこんなにお金がもらえるの!?」と仰天します。
 「これぞ天職!」と思ったママは大学を中退して水商売の世界に没入。その後のバブル景気も味方して、最高に景気のいい時代の海を泳ぎました。いい人が現れて結婚・出産。しかし離婚して、子供を養うために自分でお店を始めました。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2017/09/15

スナックの“ミネラル”は水道水!? もし全国調査したら…答えは煙の中に

8月の終わりに山形県米沢市にプライベート旅行に行きました。なぜに米沢なのか? それは前に出演したトラックのヒッチハイク番組で、私を米沢で乗せてくれた人との出会いがあったからなのです。
 ドライブ中、乗せてくれた男性は米沢で居酒屋を経営していると話してくれました。その流れで私も赤坂でスナックをやっていると話したら後日、赤坂のお店に来店してくれた縁もあり、返礼という気持ちでの米沢旅行となったのです。訪れた彼の居酒屋「酒道場壱歩」で野菜や米沢牛などなど米沢の恵みに舌鼓を打ちました。
 宿は彼が勧めてくれた米沢の奥座敷、小野川温泉です。1200年前に小野小町が京都から東北に向かう際に病に倒れ、ここのお湯につかって病を癒やしたと言われています。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2017/09/08

男性限定のハードなトークライブ 下衆人には女性関係「1000人斬り達成」の方も

8月も終わりに近づく25日、生まれ故郷の東京・新宿でトークイベントを開催しました。
 テレビやラジオでの私は世を忍ぶ仮の姿。やれ「放送コード」だ「コンプライアンス」だとやかましい縛りでがんじがらめとなり、芸人本来の表現の自由を奪われている昨今の私ですが、そんなつまらないルールを無視し、たまりにたまった日頃のうっぷんを晴らすべく、本当の私のトークをお客さまと一緒に楽しんでもらうという趣旨でした。
 女性が聞けば引くことが間違いない中身なので、会場は女人禁制とさせてもらい、お客さまは男性に絞ったハードなトークライブなのです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら