玉ちゃんの酔滸伝

2017/09/01

ギャルだらけのナイトプールに“外来種”興奮! 来年は「水着スナック」開催しよっと

今年はなかなか“スカッ”と晴れやかな夏を満喫できませんが、「スナック玉ちゃん」の収支も雨模様の空のように湿ってしまい、帳簿に眼を通すと気がめいる状態です。
 気持ちも商売も浮かばれていない今年の夏ですが、私がこれまで生きてきた50年間の人生の経験の中でかなりのランク上位に入る衝撃を受けた出来事が唯一ありました。TBSラジオの金曜レギュラー番組「たまむすび」の企画で、話題の東京プリンスホテルで開催されている「ナイトプール」に潜入取材させてもらったのです。
 50も過ぎると昼間のプールのようにガキがウジャウジャの「ションベンプール」と言われるものに嫌気が差していたところに現れたナイトプール。魅惑の響きがなんとも気になります。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2017/08/25

「全日本スナックナビ」発足! 知りたい情報満載、難なく自分好みの店が見つかるはず

「2月と8月は水商売にとって鬼門」ということは聞いてましたが、実際にお店を開店してみてそれを実感しております。
 8月のお盆なんて私のお店がある東京・赤坂などは「戒厳令の夜かよ!」と思ってしまうほど人が歩いている姿を見ることができません。そうなるとお店も閑古鳥となります。生まれも育ちも東京の私などはお盆に帰省する田舎がありませんから、休むことなくスナック玉ちゃんに、のんびり気分で連続出店していました。
 東京から田舎に帰省する機会がある人たちは、普段の都会とはまた違う夜を過ごすことになります。都会のネオン街で過ごしている夜と、静かな故郷の夜。帰省しているにも関わらず、思わず普段暮らしている都会の夜への里心がつくという逆転現象が起こるといいます。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2017/08/11

心強い味方の出現! 冷静で正確な眼で学術的に研究した本「スナック研究序説」

白水社から「スナック研究序説 日本の夜の公共圏」という立派な本が出版されました。
 私もスナックに関する本を何冊か発表させてもらっています。そのほとんどが初心者に向けたスナックへのアプローチの仕方、スナックでの楽しみ方、ご法度事、エピソードなど、あくまでも私が体験してきたスナックでの現場のお話をまとめたお笑い方向の中身でした。
 しかし、この「スナック研究序説~」は、スナックに目を向けることなどないのではないかと思うような一流大学教授の先生方が、それぞれ得意の分野である、法哲学、政治学、日本文学・美術史、行政学、刑法、政治思想史、憲法、日本漢文学でもってスナックを真面目に計測、分析、分解、解説しているという1冊なのです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら