玉ちゃんの酔滸伝

2017/06/09

“ギャグ”が現実に! 北新地で2号店オープン「低賞感微」ママの心意気感じて

「スナック玉ちゃんのライバルは富士そばです!」とは、東京・赤坂にスナック玉ちゃんをオープンした際に開いた記者会見で、私が今後はフランチャイズ展開も視野に入れているという野望(野暮?)をぶち上げたアドバルーン発言です。
 まぁ、お店を始めた以上、夢は大きく「全国の駅前にある富士そばぐらいにスナック玉ちゃんを展開しよう!」とスタッフ会議でゲラゲラ笑いながら発言したギャグが発端です。
 会見でも私のボンクラ発言に記者の方々が笑ってくれました。皆一丸となりスナック玉ちゃんを頑張っていこうという流れの中で生まれたギャグだったのですが、不思議なものです、そのギャグが現実になったのです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2017/06/02

酒席の話で3年ぶり『浅草キッド』で漫才披露、まさに「人間交差点」

去る5月14日に東京・お台場で行われたライムスターpresents「人間交差点2017」という野外音楽フェスティバルに浅草キッドとして出演させてもらいました。
 このイベントは日本のヒップホップ界の頂点に立つライムスターと交流があるさまざまなアーティストたちが一堂に会する、ライムスターの持つ人間力が炸裂(さくれつ)するまさに人間交差点なイベントです。音楽アーティストが集まり、5000人のオーディエンスが熱狂するイベントになぜ「お笑い」の私たちが出演したのでしょうか?
 主催のライムスターの宇多丸さんとは長いこと番組で共演し、プライベートでも杯を重ねてきて互いに尿酸値を上げてきました。その酒席で必ず話に上がるのが「浅草キッド」の話題です。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2017/05/26

たけし師匠が来店、カラオケ歌ってくれた! リモコンの履歴に残された3曲の宝物

初めて訪ねるスナックで『ここはどういうお店なんだろう?』というクエスチョンを解決する方法にカラオケのリモコンの「りれき」欄を見る方法があります。履歴に現れる曲名によってお店の客層などの情報が明らかになってくるので、初めて入るスナックで有効なテクニックです。
 東京・赤坂に「スナック玉ちゃん」をオープンしてから3カ月、これまでたくさんのお客さまにご来店いただきましたので、カラオケのリモコンの履歴に残された曲名が増えています。
 最近、お店のリモコンの履歴欄に新しく、ちあきなおみの「紅い花」、大川栄策の「路傍の花」、菊池章子の「星の流れに」の3曲の歌が残りました。私が初めて行ったお店でこの履歴をみたら「渋い選曲だなぁ」とうなることでしょう。この3曲の履歴は大切な宝物となりました。なぜならばこの3曲をカラオケで歌ってくれた人は、私が世界で一番尊敬する人だからなのです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら