玉ちゃんの酔滸伝

2018/09/19

「あんたみたいになりたい!」そう思えた男との別れ…

「あれぐらいほれちゃう男はいないよ!」と、老若男女かまわず人から評されたとしたら、そこまでたどり着いた自分の人生の本懐を遂げたことになるでしょう。「いつかはそうなりたい」と思って生きている私なのですが、なかなかどうして、人様からそのような評価を受ける男になっていないのが現実です。

昨年、東京・新宿の歌舞伎町で「ある男」と知り合いました。男は長い間、歌舞伎町で生業をしてきました。新宿生まれで歌舞伎町で青春時代を過ごした私は、脂の乗り切った7歳年上のその男に対して「オレの地元で長いことやってたって、威張られてもたまったもんじゃねぇよ」と構えていました。

後から聞いたら、向こうも「開店前の忙しい時間に、変な名前の芸人がなにを偉そうにオレに取材だって!?」と構えていたといいます。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2018/09/12

ビートきよし師匠&カルーセル麻紀さんで元気回復!!

酷暑だ台風だと大騒ぎだった8月がアッという間に逃げていき、9月に入りました。8月は水商売にとって「親の敵」ほどの憎い月なのですが、どうにか「スナック玉ちゃん」は乗り切ることができて、ホッとしております。

 8月31日に私のトークイベント「玉袋筋太郎の新宿ラドンセンター」が東京・新宿のロフトプラスワンでにぎやかに開催されました。お客さまにサプライズをという気持ちから、当日までゲストはシークレットにしていました。

 今回のゲストは2人。最初のゲストはビートきよし師匠です。私ごときのイベントにもかかわらず、わざわざ仕事をほうり投げて横浜から駆けつけてくれました。ちなみにお仕事とは芸能関係ではなく、師匠が夏に開催しているビアガーデンのことです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら

2018/09/05

レジェンドレスラー・桜庭和志に心をきめられた夜

先日、「スナック玉ちゃん赤坂店」にうれしいお客さまがやってきてくれました。日本が世界に誇るレジェンドプロレスラー、桜庭和志選手です。現在、桜庭選手が主催している格闘技「QUINTET(クインテット)」を観戦したことがあり、そのお礼に来店してくれたのです。

日本の格闘家やプロレスラーを次々と撃破したグレイシー柔術の選手を逆に次々と撃破して、われわれの留飲を下げてくれた桜庭選手の主催するクインテットは寝技で相手の関節をきめる「グラップリング」というものです。高度な技術を持った選手たちの寝技の攻防にしびれました。この競技は世界に発信できる立派な格闘技です。

桜庭選手は選手同士の技の攻防が膠着(こうちゃく)状態になることのないアグレッシブな競技になるべくルール作成にも力を入れ、「お客さんに退屈させないルールです」と力強く話してくれました。私も「将来このグラップリングが、学校の体育の授業で子供たち、そして高齢化しているお年寄りの健康増進にチャレンジできる、世界に広まる競技ですよ」と競技の将来性に太鼓判を押したのです。

続きをZakZakで読む>>

zakzakホームページはこちら

夕刊フジ電子版はこちら